先頭へ戻る

交通アクセス

キリスト教教育

[心の教育]キリスト教による心の教育は明治学院の生命といえるものです。

毎日の礼拝

中学生は講堂で、高校生はチャペルで毎朝8時40分より礼拝がもたれます。校長先生をはじめとして、教職員・すべての生徒が出席します。

礼拝の3つの意義

【出会いのとき】
聖書の御言葉を聞き、讃美歌を歌い、祈りを共にすることで、神さまにとりなしをしてくださるキリストに出会うときです。

【ひとつになるとき】
教職員、生徒がひとつになるときです。共に聖書の御言葉に聞き入ることで共に神さまと出会い、共に多くの困難に立ち向かい、共に喜びを分かち合います。

【神さまへの服従と奉仕】
神さまへの服従と奉仕を意味します。自分の生きた身体と心とを神さまにささげることは、神さまを愛し、隣人に仕えていく精神を養うことになります。

特別礼拝

【クリスマス礼拝】
イエスさまの御降誕を祝う礼拝

【イースター礼拝】
イエスさまの復活を祝う礼拝

【ペンテコステ礼拝】
聖霊が与えられたことを祝う礼拝

【宗教改革記念礼拝】
プロテスタント教会誕生を記念する礼拝

【家族礼拝】
「母の日」の始まりとなった出来事にちなんでご家族と共に神さまに感謝をささげる礼拝

キリスト教に関する活動紹介

キリスト教研究会

生徒のクラブ活動のひとつです。聖書の学習に加え、ボランティア活動、障害をもつ方々との交流、聖書植物園の世話などを行っています。


グリーハンドベルクワイア

国内各地の教会で演奏奉仕を行っています。また、隔年夏休みには、アメリカ・カナダの教会を訪問して演奏活動を行います。


高校聖歌隊

讃美歌を歌うことを目的として有志が集まり、始業式や終業式、その他礼拝をサポートする役割を担っています。


クリスマスの集い

中・高生徒会および音楽系クラブを中心に、保護者、教職員が協力して行います。近隣の福祉施設や保育園の皆さんと共にクリスマスを祝います。


PTAサークル

「聖書に親しむ会」や「英会話」、「コーラス」などのサークルがあり、本校教師とともに学び、語り合う機会になっています。


ボランティア

本校では「道徳人」「実力人」「世界人」という3つの教育目標に基づいて、ボランティア活動に力を入れています。隣人愛を実践することのできる力を育て、傍観者としてではなく、共に生きる一人としての関わりを学び合っています。

国際交流

40日ホームステイ、1年留学など独自のスタイルで国際交流プログラムを推進しています。